海外の薬バリフ

drugs

勃起不全は一度患ってしまうと精神的な影響が大きいため、なかなか改善しない病気でもあります。勃起不全は機能的な問題以外に精神的な問題も深く関係しているのです。日本だけでも潜在的な患者数は2000万人近いと言われていて、その大きな需要を目当てに多くの製薬会社が勃起不全治療薬を開発しています。バリフもそうした治療薬のひとつで、インドのアジャンタファーマ社が製造・販売しています。日本国内では販売されていませんが、個人輸入の手続きをすれば日本国内にいても購入できます。輸入代行サービスを使えば煩雑な手続きをすることはなく、通販サイトと同じような感じで自宅まで届けてくれます。また、輸入代行サービスならいろいろな割引も受けられます。

アジャンタファーマ社のバリフはレビトラのジェネリック薬です。有効成分はどちらもバルデナフィル塩酸塩で、即効性に優れている点も同じです。効果に違いはありませんが、レビトラが日本で承認されている一方、バリフは承認されていません。そのため、バリフを入手するには輸入する必要があるのです。同様の効果を持つレビトラが国内にあるにもかかわらず、輸入してでもバリフを購入するのは価格が安いためです。レビトラにかかった多額の開発費はバリフには必要なかったので、低価格で販売することが可能になっています。バリフを取り扱っている輸入代行業者は多く、サービスを見比べながら選ぶことができます。20ミリグラム10錠が2000円前後で売られています。